* 現時点で翻訳が無い場合には英語で表示します

Crowd4Uでの学術・公益クラウドソーシングプロジェクト

Crowd4Uは,アカデミアによる非営利・公益・学術目的のクラウドソーシングプラットフォームです.
以下は,現在進行中のクラウドソーシングプロジェクトの一部です.いずれも世の中に役立つプロジェクトです.プロジェクトのタスクを実行することにより,皆さんもこの素晴らしいプロジェクトのチームメンバになりませんか.

現在進行中のプロジェクト

※各プロジェクト説明の最後にあるボタンをクリックしても,タスクを行う事ができます.

*1   このプロジェクトに非常に興味がある

*1 プロジェクト名
L-Crowdプロジェクト:都道府県総合目録の将来像に関する研究プロジェクト
L-Crowdプロジェクト:翻デジ@日本デジタル・ヒューマニティーズ学会 x マイクロタスク
"手書き"を科学する
CAUSE (Crowdsourced AUtomatic Sickness Exploration)
ISeeeプロジェクト:オープンな,誰もが誰かの助けになる情報保障
災害状況把握支援
福島県双葉町アーカイブプロジェクト
マンガメタデータクラウドクリエーション(仮)
リアルサマーウォーズ(仮称)プロジェクト
タスク作業品質向上の支援
マイクロタスク×ゲーミフィケーション
日常空間でのヒューマンコンピュテーション
クラウドソーシングシステムの迅速なデザインと構築
クラウドソーシングの可能性の開拓
効率的なクラウドソーシングの実現

終了したプロジェクト

現在進行中のプロジェクト

L-Crowdプロジェクト:都道府県総合目録の将来像に関する研究プロジェクト

「京都府域図書館総合目録ネットワークシステム」の充実を図るための産官学連携プロジェクトです.複数の図書館の所蔵情報をまとめた総合目録では,検索結果に同一の書籍が複数表示されないよう,データの同定を行う必要があります.しかし,書籍を特定するための番号であるISBNは運用の問題により重複して利用されていることがあり,機械的な判定では結果として誤同定されてしまうことがあります.また,ISBNがない書籍については機械的な同定を行うことができません.本プロジェクトでは,京都府域の図書館のデータに対し,同定判定をマイクロタスクにより行うことで同一書籍を1つのデータとして表示し,システムを使いやすくすることを目指しています.

プロジェクト関係者

ディレクタ & ディベロッパ:

    原田隆史(同志社大学 / 国立国会図書館非常勤調査員)

    福島幸宏(京都府立図書館)

    吉本龍司(株式会社カーリル)

    ふじたまさえ(株式会社カーリル / アカデミック・リソース・ガイド株式会社)

    池田光雪(千葉大学 / 国立国会図書館非常勤調査員)

    森嶋厚行(筑波大学)

コントリビュータ:
  • 早苗 寿雄
  • 開発光一
  • bibliotekamanto
  • めいめい
  • sayren
  • bauchi13
  • massae
  • 村松 恵子
  • SlimeKngiht
  • あらいやよ

タスクを行う

L-Crowdプロジェクト:翻デジ@日本デジタル・ヒューマニティーズ学会 x マイクロタスク

国立国会図書館近代デジタルライブラリー(以下,近デジ)をテキストデータ化して色々便利に使えるようにするためプロジェクトです.マイクロタスクが利用可能な問題を切り出し,順次実現していきます.近代デジタルライブラリー等の画像でしか提供されていない日本語資料の本文を多少なりともグーグルやBaidu,Bing等の全文検索エンジンから検索できるようにする(検索性を高める)事を当面の目的としています.

(参考:翻デジプロジェクトの全容)

プロジェクト関係者

ディレクタ & ディベロッパ:

    永崎研宣(一般財団法人人文情報学研究所主席研究員・東京大学大学院情報学環特任准教授・国立国会図書館研究員)

    池田光雪(千葉大学アカデミック・リンク・センター)

    林亮太(筑波大学,開発補助)

    櫻井恵美(筑波大学,開発補助)

    太田千尋(筑波大学,開発補助)

コントリビュータ:
  • 開発光一
  • くりまき
  • amori
  • jmori2010
  • ひろし
  • 早苗 寿雄
  • さほり
  • しのにゃん
  • やまもん
  • 軍ちゃん

タスクを行う

"手書き"を科学する

プロジェクト関係者

ディレクタ & ディベロッパ:
  • 中村聡史(明治大学)
  • 鈴木正明(明治大学)
  • 小松孝徳(明治大学)
  • 佐藤剣太(明治大学学生)
  • 新納真次郎 (明治大学学生)
  • 根本千代之介(筑波大学学生, 開発補助)
  • 櫻井恵美(筑波大学学生, 開発補助)
  • 太田千尋(筑波大学学生,開発補助)
コントリビュータ:
  • 開発光一
  • くりまき
  • 根本 千代之介
  • 濱野 渉
  • あかいうさぎ
  • 佐々木 良介
  • 阪口哲男
  • えりな
  • 街角ヒャッハー
  • 早苗 寿雄

タスクを行う

CAUSE (Crowdsourced AUtomatic Sickness Exploration)

プロジェクト関係者

推進組織:

    東京大学 先端科学技術研究センター 当事者研究分野

    京都大学 デザイン学ユニット 医療言語処理グループ

    筑波大学 知的コミュニティ基盤研究センター 知の共有基盤研究部門

    (Crowd4U チーム 米良俊輝,平木理恵)

ISeeeプロジェクト:オープンな,誰もが誰かの助けになる情報保障

ISeeeプロジェクトは, Information Support of Everyone, by Everyone, for Everyoneの略であり,
- of Everyone (オープンな)
- by Everyone (誰もが助ける側になり)
- for Everyone (誰もが助けられる側になる)
- Information Support (情報保障)
を意味しています.

情報保障とは,特定の伝達手段による情報の獲得に支障がある人々に,代替手段を用いて情報の獲得を支援することです.ISeeeプロジェクトでは,情報保障領域にクラウドソーシング技術を応用し,健常者も障害者も関係なく,各人の得意なことを活かして,全ての人が情報を受け取ることができる,すなわち「わかった!」状態になることを目標とします.これにより,助ける人・助けられる人の区別なく誰もが誰かを助け,支えあい情報を得ることができる社会を目指します.

 

第一歩として,クラウドソーシングに基づく聴覚障害者による文字情報保障の仕組みの開発を行い,2017年度までに各研究会等での実利用を目指します. 具体的には,複数の手話がわかる人の連携によって手話情報を文字情報に変換し,手話のわからない人への情報保障を実現します. また,構築したサービスはオープンにして,誰でも利用できるようにします.

プロジェクト関係者

ディレクタ & ディベロッパ:

    平賀 瑠美 (筑波技術大学,アドバイザ)

    白石 優旗(筑波技術大学)

    張 建偉(筑波技術大学)

    熊井 克仁(筑波大学情報学群情報メディア創成学類)

    川端 彬子(筑波大学大学院図書館情報メディア研究科・デザイン)

    櫻井 恵美(筑波大学大学院図書館情報メディア研究科)

    森嶋 厚行(筑波大学)

コントリビュータ:

福島県双葉町アーカイブプロジェクト

この事業の目的は,地震,津波,原子力発電所事故を蒙った福島県双葉町の被災地および避難先で作成・収集された,地域の人々やコミュニティの経験にかかわる記憶や記録を保全するとともに,それらの調査研究及び利用活用を進めることにあります.

プロジェクト関係者

ディレクタ & ディベロッパ:
  • 双葉町プロジェクト:
  • 白井哲哉 (筑波大学)
  • 双葉町教育委員会
  • 茨城文化財・歴史資料救済・保全ネットワーク
  • いわき地域振興センター(いわき明星大学・東日本国際大学)
  • 神奈川地域資料保全ネットワーク
  • 神戸大学人文学研究科地域連携センター
  • 国文学研究資料館
  • 東北大学害科学国際研究所
  • 歴史資料ネットワーク
  • 全国歴史資料保存利用機関連絡協議会
  • 筑波大学企画室
  • 日本アーカイブズ学会
  • 福島大学うつくしまふくしま未来支援センター
  • ふくしま歴史資料保存ネットワーク
  • NHK水戸放送局
  • NPO法人宮城歴史資料保全ネットワーク
  • NPO法人歴史資料継承機構
  • Crowd4U チーム:
  • 阪口哲男 (筑波大学)
  • 林亮太 (筑波大学)
  • 鈴木陸也 (筑波大学)
コントリビュータ:
  • 開発光一
  • Victor Rosas
  • 韓承旼
  • Suzanne
  • 齋藤 寛太
  • しのにゃん
  • Chunqiu LI
  • 早苗 寿雄
  • 阿武納丸
  • Liza Clough

タスクを行う

マンガメタデータクラウドクリエーション(仮)

マンガは人にとってはぱっと見ただけでその内容を読み取ることができる表現ですが,計算機にとっては,その詳細な内容を認識することはまだまだ難しい問題です.しかし,マンガの詳細な内容をメタデータとして構造化して記述すれば,制作から読書にいたる過程でマンガコンテンツの様々な高度利用が可能です.本プロジェクトでは,多くの人で協力してマンガメタデータを構築し,集められたデータは皆が利用可能な形で公開することを目的としています.

プロジェクト関係者

ディレクタ & ディベロッパ:
  • 三原鉄也(筑波大学)
  • 櫻井恵美(筑波大学)
  • 太田千尋(筑波大学)
  • 永森光晴(筑波大学)
  • (他,他大学・他機関を含めて調整中)
コントリビュータ:
  • 開発光一
  • 街角ヒャッハー
  • 二十歩亮介
  • 早苗 寿雄
  • 丹羽 真人
  • kiyo
  • hdtk98
  • 街角ヒャッハー サブ
  • Hirotaka Hashimoto
  • 岩本 英一

サンプルタスクを行う
(本番タスクは近日掲載)

災害状況把握支援

Crowdsourcing proved to be an effective solution for help in natural disasters and catastrophes. However, how t\o use the power of the crowd is non-trivial. In this project, we use real data on natural hazards and disasters to develop effective crowdsourcing algorithms for help in natural disasters. Currently, we use data of buildings and houses damaged by Typhoon Wipha in 2013. We designed microtasks to understand how buildings are damaged in the scene and analyze the results to continuously improve the algorithms and microtask designs. The developed algorithms and task design will be used when we encounter future natural disasters and catastrophes.

プロジェクト関係者

ディレクタ & ディベロッパ:
  • 井ノ口宗成(新潟大学)
  • 森嶋厚行(筑波大学)
  • 北原格(筑波大学)
  • 柚木 玲士(筑波大学)
  • 丹治寛佳(筑波大学)
  • 櫻井恵美(筑波大学)
  • 中村優太(筑波大学)
コントリビュータ:
  • 佐藤雅子
  • 櫻井 美穂
  • atsushi giman
  • さくらい
  • 山崎 一磨
  • amori
  • 堀口
  • たかみほ
  • Ksuke

タスクを行う

自信の申告に基づく作業品質向上の支援

クラウドソーシングでは,様々なバックグラウンドを持ったワーカが参加するため,実施されたタスクの結果はすべて良い品質のものとは限りませんでした.したがって,作業品質の向上の支援が重要な課題となっています.ワーカに作業結果とともに,作業結果に関する自信を申告させることで,効果的な作業品質の向上を目指します.

プロジェクト関係者

  • 櫻井祐子(九州大学)
  • 小山聡(北海道大学)
  • 鹿島久嗣(東京大学)
  • 馬場雪乃(東京大学)

マイクロタスク×ゲーミフィケーションによる楽しい社会貢献

問題解決タスクをマイクロタスク(小さなタスク)に分割すれば,様々な可能性が広がります.本プロジェクトでは,「現在行っている作業を邪魔しないレベルで,すぐに回答可能な問題が提示されたら人は回答したくなるのではないか」という仮説に基づき,音楽ゲームにおけるタイミングよくボタン操作を行うという動作に,マイクロタスクへの回答を埋め込むことにより,音楽ゲームを楽しみつつマイクロタスクへの自然な回答を可能とするシステムの実現を目指しています.

プロトタイプシステムを公開しています.

プロジェクト関係者

  • 三輪聡哉(明治大学)
  • 中村聡史(明治大学)

ゲームを行う

日常空間でのヒューマンコンピュテーション

クラウドソーシングでは大量のヒューマンコンピュテーション資源が必要になる事があります.本プロジェクトでは,PC等のデバイスを通じたヒューマンコンピュテーションをは異なり,日常の生活空間に自然に埋め込んだ形でヒューマンコンピュテーションを行うことができる仕組みの研究を行っています.第一歩として,Crowd4Uに登録されたマイクロタスクを床に投影することにより,歩きながらヒューマンコンピュテーションを行うことができるシステムを構築し,本アプローチの可能性の開拓と研究を進めています.

プロジェクト関係者

  • 中村聡史(明治大学)
  • 寺田努(神戸大学)
  • 品川有輝(筑波大学)
  • 太田千尋(筑波大学)
  • 森嶋厚行(筑波大学)

リアルサマーウォーズ(仮称)プロジェクト <協力:中島哲也 オセロ八段

計算機科学の進歩による人工知能の能力向上は著しく,ある側面では人間を越える能力を示しつつあります.本プロジェクトでは,クラウドソーシング技術を利用して皆で力を合わせ,そんな人工知能に戦いを挑みます!(専門用語では人工人工知能と言います)

本プロジェクトの第一歩として、リバーシを題材とした群衆による意思決定プロセスの検証実験を進めています.

プロジェクト関係者

  • 森嶋厚行(筑波大学)
  • 鹿島久嗣(京都大学)
  • 馬場雪乃(京都大学)
  • 平木理恵(筑波大学)
  • 佐々木優(筑波大学)

実験に参加する

クラウドソーシングシステムの迅速なデザインと構築

複雑なクラウドソーシングシステムを素早くかつ適切に構築する仕組みができれば,様々な問題を解決する強力な手段を手に入れることができます.本プロジェクトでは,この目標を実現するために,クラウドソーシングのためのアブストラクション(プログラミング言語)やRADツール等の研究を推進しています.

プロジェクト関係者

  • 権守健嗣(筑波大学)
  • 櫻井恵美(筑波大学)
  • 森嶋厚行(筑波大学)

クラウドソーシングの可能性の開拓

本プロジェクトでは,クラウドソーシングが可能とする新たな応用利用を研究しています.例えば,最初は人の処理から始まり徐々に機械処理の割合を増やしていくなど,これまで実現できなかったような人と計算機の知の融合を実現する研究を推進しています.

プロジェクト関係者

  • 福角駿(筑波大学)
  • 平木理恵(筑波大学)
  • 森嶋厚行(筑波大学)

効率的・効果的なクラウドソーシング処理の実現

本プロジェクトでは,検索・結合などの重要なデータ処理の問題を効率よくかつ効果的にクラウドソーシングで実現するための手法を研究しています.例えば,結合演算やデータ収集の問題をクラウド自身が分割統治することによって,効率よく・効果的に処理を行う手法の研究を進めています.

プロジェクト関係者

ディレクタ:

  • 青木秀人(筑波大学)
  • 森嶋厚行(筑波大学)

終了したプロジェクト

オノマトペロリ

「すらすら」等のオノマトペ(擬音語・擬態語)が,どのような気分や印象にあわせて使われるかの関係をクラウドソーシングによって入手します.

タスクの結果は,Web等の情報検索技術の発展に利用し,料理や洋服の検索などにおいて,検索者の気分や印象を反映したより良い検索結果を返すために利用されます.

参考サイト:オノマトペロリ

プロジェクト関係者

ディレクタ & ディベロッパ:
  • 渡辺知恵美(筑波大学)
  • 中村聡史(明治大学)
  • 坂本真樹(電気通信大学)
  • 権守健嗣(筑波大学)
コントリビュータ:
  • ゅぅ.
  • ひらき
  • しのにゃん
  • TanjiHiroyoshi
  • jmori2010
  • さくらい
  • aby
  • gonnokami
  • 森嶋厚行
  • 〓matsu

L-Crowdプロジェクト:書誌情報の品質向上支援

国立国会図書館の書誌情報を利用して同じISBNを持った全く異なる本を検出し,ISBN重複の実態を調査することにより,書誌情報のクリーニングを支援します.機械的に,ある程度怪しい組は見つかりますが,重版などの必ずしも異なる本ではない場合や,タイトルの書式が異なっている場合など,最終的な判断にはどうしても人間の判断が必要となります.結果は公開し,図書館などのシステムでこのリストを使うことで,問題を回避することができるようになります.

また,今まであまり判っていなかったISBNの重複の規模などについて知見が得られるという,学術的な価値もあります.

なお,この書誌情報品質向上支援は,図書館×クラウドソーシングプロジェクトL-Crowdの第一弾として行っています.

プロジェクト関係者

ディレクタ & ディベロッパ:
  • あべ松幸彦 (筑波大学)
  • 池内淳(筑波大学)
  • 石田栄美(九州大学)
  • 逸村裕(筑波大学)
  • 宇陀則彦(筑波大学)
  • 大向一輝(国立情報学研究所)
  • 川島隆徳(国立国会図書館)
  • 佐藤翔(同志社大学)
  • 谷口祥一 (慶応義塾大学)
  • 富田栞(筑波大学)
  • 永森光晴(筑波大学)
  • 原田隆史(同志社大学)
  • 森嶋厚行(筑波大学)
コントリビュータ:
  • しのにゃん
  • SK7アルファ
  • 〓matsu
  • mtsmr
  • 山田宏一
  • IKEUCHI Atsushi
  • TanjiHiroyoshi
  • ひらき
  • uuuppy
  • とこ

竜巻の経路推定実験

協力:つくば市

自然災害などが起こったときに重要な事は災害状況の早期把握ですが,必ずしもそれは簡単ではありません.本プロジェクトでは,ネットワークにアップロードされた写真や動画から災害状況を把握するために,クラウドソーシングを適用します.問題を細かく分割する事により,現地に詳しくない群衆でも,専門家が災害状況を把握するための参考情報を作成することを目標にしています.

現在は,つくば市のご協力の下,つくば市で2012年に起こった竜巻災害を題材に研究を推進しています.

プロジェクト関係者

ディレクタ & ディベロッパ:
  • 井ノ口宗成(新潟大学)
  • 丹治寛佳(筑波大学)
  • 森嶋厚行(筑波大学)
コントリビュータ:

Exploring latent nutrition knowledge

プロジェクト関係者

ディレクタ & ディベロッパ:

    Kalaitzakis, Andreas (University of Crete)

    Amer-Yahia, Sihem (CNRS at LIG in Grenoble)

    櫻井恵美(筑波大学)

コントリビュータ:
  • ひろし
  • たかし
  • 街角ヒャッハー
  • 柳田 周造
  • ふー
  • 赤石陽一郎
  • 開発光一
  • お粥
  • ちゃがま
  • Fadi Fakhoury

ComeAlong Project

プロジェクト関係者

ディレクタ & ディベロッパ:

    Valeri, Beatrice (University of Trento)

    Amer-Yahia, Sihem (CNRS at LIG in Grenoble)

    権守健嗣(筑波大学)

コントリビュータ:
    • amori
    • Meg
    • Tales
    • Andrea Valeri
    • Beatrice Valeri